【刊行物】野生動物リハビリテ一夕ー協会-WRA通信39号-

関係者各位 様

 

拝啓 皆様方におかれましては、益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

当協会は、2005年(H17)の1月に設立し、野生動物リハビリチーター初級藩定講座並びに認定試験、会員向け中級講座、油汚染鳥救護講習会などの事業を行ってまいりました。

この度、当協会の会報『wRA通倍39号』を発行しましたので、ご高覧いただきたくお届けさせていただきます。

まだまだ不十分な運営ですが、野生傷病鳥獣を動物病院で治療後のケアやリハビリなどを行うことの出来るボランティアの養成、応急手当や油汚染時の救護など会の活動は、単にレスキューやリハビリだけではなく、救護の作業を通して自然衆境の保全にも寄与するものと確借し活動しております。

今後につきましてもホームページによる情報発倍や講習会等を開催しながら人の輪を広げていきたいと考えております。

これからもご指導とご鞭操のほど宜しくお顔い申し上げます。 敬具

 

野生動物リハビリテ一夕ー協会 会長 金川 弘司

“WRA通信No39” をダウンロード ebde8d425df50519ab5508ec51181b98.pdf – 24 回のダウンロード – 2 MB

 

関連記事一覧