北海道小動物獣医師会(略称:北小獣)は設立から31年を迎えます。当会は毎年11月にロイトン札幌で開催される年次大会を主軸に、北海道内を道央、道南、道東、道北の4つのブロックに分け、各ブロックにおいて地方ブロックセミナーを行っております。また、道央圏では6月にサマーセミナーを開催しております。さらに、年3回、機関誌を発行し、また、会員様向けメールや北小獣ホームページにて、北小獣のイベントやセミナーだけではなく、主に北海道で開催される他団体のセミナー情報なども随時発信しております。

 北小獣は北海道の小動物に係る獣医師の獣医師による獣医師と動物看護師のための団体です。現在、230名ほどの、主に各病院の病院長で構成された組織です。
 北小獣は、第一線で活躍している動物病院の臨床獣医師である会員の皆様とともに、この北海道の小動物業界を活性化すべく、学術の研鑽を通して獣医師や動物看護師、関係各所と連携を取りながらペットと飼い主様をはじめ、地域に、そして社会に貢献していけるよう活動していくことを目指します。

 本年度の事業は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の状況を鑑み、開催を予定しておりました各地方ブロックセミナー、サマーセミナー、年次大会およびその他の主催セミナー等、全てのオンサイトでのイベント開催を中止することにいたしました。

 その代替として、オンライン回線を用いたwebセミナー開催を充実すべく準備を進めております。随時、ご案内いたしますので、皆様、是非ご参加くださいますようお願いいたします。

 会員の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますこと、心よりお詫び申し上げます。