北海道の小動物臨床に関わる全ての方へ。11月の第1週はロイトン札幌へお越しください。

2016年11月5日(土)・6日(日)に北海道小動物獣医師会年次大会が開催されます。

11例年多彩なプログラムを実施しておりますが、今年も新しい内容いっぱいに開催致します。

どうぞ皆様お誘い合わせの上ご来場下さい。

主な内容から…

◯獣医師向けセミナー
  • 『腫瘍外科の過去・現在・未来~なぜアグレッシブな外科医になったか?』廉澤剛先生(酪農学園大学)
  • 『僧帽弁閉鎖不全症と猫心筋症~開業医が知っておきたい診断・治療のポイント』千村収一先生(千村どうぶつ病院)
  • 『子宮蓄膿症への対応』富張瑞樹先生(帯広畜産大学)
  • 『動物病院経営を取り巻く時流の変化~今後の経営戦略と戦術』氏政雄揮先生(株式会社ブイエムスリー)
  • 『プロジンク®発売記念 猫の糖尿病セミナー~PZI製剤をもう一度見直す~』石田卓夫先生(JBVP・赤坂動物病院)
  • 『症例検討会』 他
◯動物看護師向けセミナー
  • 『VN視線で見る動物病院経営』氏政雄揮先生(株式会社ブイエムスリー)
  • 『救急医療現場におけるVNの役割〜その時VNはどう対応すべきか』川瀬広大先生(札幌夜間動物病院)
  • 『VNが知っておきたい嘔吐と下痢の基礎知識』華園 究先生(北海道大学)
  • 『企業協賛ランチョンセミナー』籠宮昌宏先生(日本ヒルズ・コルゲート)
  • 『動物看護師発表会』 他
◯企業展示(昨年実績60ブース)
◯託児施設(別途事前お申込みが必要です。)
  • 場  所:    ホテル・ロイトン札幌2階(年次大会会場と同フロア)
  • 対  象:    原則として生後満2ヵ月~未就学児(就学児童についてはご相談ください)
  • お申し込み:「お問い合わせページ」よりお知らせ下さい。折り返しご連絡致します。

会員の皆様へは9月下旬に「北小獣通信」をお送り致します。また、メールアドレスをご登録いただいている会員の皆様へはメールでも順次お知らせ致します。

会員外の方で参加ご希望の方(獣医師・動物看護師いずれの場合も)は、「お問い合わせページ」よりお知らせ下さい。

その他、企業展示等のお問い合わせも「お問い合わせページ」よりお知らせ下さい。

●演題登録をされた方の抄録受付はこちら

毎年【11月の第1土日はロイトン札幌へ】足をお運び下さい

今年は11月5日、6日の開催です。

PAGETOP
Copyright © 北海道小動物獣医師会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.